2016年12月1日木曜日

【MMA】世界4位、アジア最大の総合格闘技団体ONE Championshipとは?


シンガポールを拠点にアジアで活動する総合格闘技団体、ONEチャンピオンシップ(旧ONE FC)。

5年前の2011年に設立され、UFC、ベラトールMMA、WSOFといったアメリカの団体に次いで世界4位、アジア最大の総合格闘技団体に成長しています。

2016年7月、シンガポール政府系投資ファンドから1000億円(10億ドル)の投資を受けた団体は、アジアのトップリーダーとして、この地域のMMA情勢を変え始めている。

アジアのMMA事情、団体の戦略、ONEチャンピオンシップの誕生から今後について迫ります。


2010年代、アジアMMAの中心は日本からシンガポールへ


UFCが誕生した1993年以前、世界のMMAの中心だった日本。

UFC誕生の4年前にプロフェッショナル修斗、同時期にパンクラスが設立されていた。

PRIDEは、00年代前半まで地上波テレビ放送されていなかったUFCよりも集客力のある大会を開催。日本は総合格闘技大国だった。

2006年にPRIDEが不祥事により地上波放送の契約が解除されると状況は急変。相次ぐスポンサーの撤退により一気に経営が悪化し、UFCによりPRIDEは買収された。

PRIDE消滅後は戦極やDREAMが誕生したが、いずれも短命に終わってしまう。

国内ではパンクラス、DEEP、修斗/VTJが健在だが、アジアを見るとONE(2011年-)や韓国のRoad FC(2010年-)が台頭しており、日本人ファイターがアジアの他団体に流出する時代になっている。

特にONEは10の国と地域に進出しており、中国マカオ初の大会が完売するなど高い人気を誇っている。

2016年7月、UFCがWME/IMGに40億ドルで売却されたと報道があった数日後、ONEはシンガポール政府系投資ファンド、ヘリコニア・キャピタル・マネジメントから10億ドルの資金提供を受けたと発表した。

クイCEO「ONEのマーケットを日本、韓国、ベトナムに広げる」


*ONE Championship開催回数(地域別)
2011年9月~2016年12月の全50大会

ONE発足当初はシンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピンでの大会が中心でしたが、2014年に台湾、UAE、カンボジア、そして中国に進出するとアジア拡大路線を加速させる。

潜在マーケットが大きい中国では、北京と上海にオフィスを構えています。

2016年にはタイでMMAが解禁され、チャトリ会長の母国で初のMMA大会が開催されました。特にタイはムエタイ・ボクシングが盛んな格闘技王国であり、ONEも年末に再び大会を開催するなど力を入れています。

ビクター・クイCEOは「ONEのマーケットを日本、韓国、ベトナムに広げる」と語っており、日本でも大会が開催される日も近いようです。

One Championship partners up with Disney and Marvel | Marketing Interactive
http://www.marketing-interactive.com/one-championship-partners-disney-marvel/

設立者チャトリ・シットヨートンとはどういう人物なのか?


ONEを5年前に立ち上げたのはタイ出身のチャトリ・シットヨートン。45歳。

タイの裕福な家庭に生まれたチャトリは、18年間過ごしたタイを離れ米タフツ大学の経済学部に進学。94年に大学を卒業し、世界有数の資産運用会社フィデリティ・インベストメンツに就職した。

順風満帆な人生だったが、97年にタイを中心に起こったアジア通貨危機により暗転する。

急激な景気の低迷により父親が経営する不動産会社が倒産。家、車全てが差し押さえされた。

なんとか家は取り戻すが、銀行口座は押収。父親は母親と2人の息子を残し、失踪してしまう。

その年、母親の後押しもあり教育ローンを組んで、ハーバード大学経営大学院に通うことを決意する。

困窮した生活と学業の両立は大変だった。

タイに住む母親に週10ドルの仕送り。GMAT試験講師、中華料理の配達、ムエタイ講座の講師などアルバイトをして生活費を稼ぐ。公共交通機関を避け、走って通学。1日4ドルの生活だった。

大学院2年目の夏、弟の大学授業料を払うために、米大手コンサルティング会社のベイン・アンド・カンパニーにインターンとして入る。

大学院卒業後は同級生2人とシリコンバレーでソフトウェア会社ネクストドア・ネットワークスを設立。ドットコム・バブルもあり、数年でベンチャーキャピタルから3400万ドルもの資金提供を受け、2001年に買収される。当時140人を雇用するまでになっていた。

会社の株を売却した後は、ニューヨークに移り、母親にアパートを買い、ヘッジファンド・マネージャーとしてのキャリアをスタートさせた。

経済的成功を手にしたチャトリだったが、何か欠けている感じがしていたという。
ひどく貧しかったころ、大金を手にすれば幸せなれて自分の問題も全て解決されるといつも思っていた。しかし、その頃になっても何か欠けている感じがしたんだ。満足感はなかったし、自分が本当にやりたいことができていないと思った。
08年、チャトリは会社を辞め、昔から愛していた格闘技に立ち返る。

翌09年にシンガポールで巨大ジム、イヴォルブMMAを開き、2年後ついにONEを立ち上げる。

アジア諸国による格闘技の大会をつくりたいという想いで設立されたONEは、現在までに10の国と地域に進出しアジア最大のMMA団体となった。

Fighting fit: How one man built a martial arts empire - BBC News
http://www.bbc.com/news/business-36782512

Warrior Spirit - Alumni - Harvard Business School
https://www.alumni.hbs.edu/stories/Pages/story-bulletin.aspx?num=4491

日本市場を狙うために前ハイアールアジアCEO伊藤嘉明が経営陣に


日本の三洋電機やゼネラル・エレクトリック(GE)家電部門を買収したことで知られている世界最大の中国家電メーカー、ハイアールのグループ会社(ハイアールアジア:現アクア)CEOを務めた伊藤嘉明が、ONEジャパンの社長に就任した。

チャトリ会長と同じタイで生まれ、タイ語・日本語・英語を話す伊藤氏は、90年代ジャパニーズMMAが始まった頃から近くで見続けており、今が日本のMMA復活には絶好のタイミングだと言う。
ONEチャンピオンシップの目標である日本のMMA再興は実現可能だと確信している。日本では長い間、世界に通用するMMA団体の誕生しないかと待たれている。
日本のMMAは、2000年代半ばにPRIDE(1999-2007)とK1が勢いを失うと、格闘技人気は一気に低迷し、いまだに人気を取り戻すことはできていない。しかしそうした状況も、2015年末に旧PRIDEスタッフによるRizinFFが誕生し、パンクラス、DEEP、修斗が高いレベルの選手を輩出してきたことで変わりつつある。

伊藤氏はONEが日本でトップの団体になるのに時間は掛からないだろうと自信を持って言う。ONEでは2人の日本人王者(ストロー級王者内藤禎貴、前ライト級王者青木真也)を擁し、東京での大会初開催を狙っている。
日本MMAの歴史で最も大きな大会になるだろう
Exclusive: Former Haier Asia CEO Yoshiaki Ito Named President Of ONE Championship (Japan)
http://www.forbes.com/sites/mattconnolly/2016/11/07/exclusive-former-haier-asia-ceo-yoshiaki-ito-named-president-of-one-championship-japan/#77493a7c5440

伊藤嘉明プロフィール

1969年、タイ・バンコク生まれ。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部を卒業後、タイへ帰国し、オートテクニックタイランドへ入社。サーブ自動車の総輸入元として高級車の企画・販売・営業全般に携わった後、再び渡米し、サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールにてMBAを取得。

1999年からは日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティングで、主に日本企業を対象とした経営改革コンサルティングを担った。担当したクライアント企業の1つであった日本コカ・コーラの誘いを受け、転職を果たすと、前例のない環境経営への取り組みで成果を上げ高い評価を得た。

その後、デル、レノボ、アディダス・ジャパンにてグローバル戦略担当役員やバイスプレジデントなどの要職を歴任。2009年に入社したソニー・ピクチャーズ エンタテインメントでは、ホームエンタテインメント部門の日本代表と北アジア代表を務めた。そして2014年2月、ハイアールアジア株式会社(旧ハイアール アジア インターナショナル)に社長兼CEOとして入社。

ハイアールアジア株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 伊藤 嘉明 氏 | キャリアインキュベーション
https://www.careerinq.com/interview/manager/haier/004669.shtml


https://evolve-mma.com/instructors/chatri-sityodtong/

0 件のコメント:

コメントを投稿