2016年9月6日火曜日

TUF24 第1話「トーナメント開始」<1> 16団体の王者


UFCとの契約をかけたトーナメントを開催するリアリティ番組「The Ultimate Fighter(TUF)」シーズン24の放送が2016年8月31日に開始した。

今回のシーズン優勝者は、フライ級絶対王者デメトリアス・ジョンソンのタイトルに挑戦することが約束されている。TUF24フィナーレは12月3日にラスベガスのパームス・カジノ・アリーナで開催される。

TUFはMMA戦績の少ない選手が参加することが多いが、今回のシーズンはなんと全16選手が各団体のフライ級王者。その中には、日本の修斗バンタム級(標準階級のフライ級に相当)の王者、扇久保も参加している。

第1話は、チーム分け、ハウス入り、トーナメント1回戦の第2試合まで。2時間SP。


舞台はラスベガス


16名のファイターがUFCトレーニングセンターに


扇久保「修斗のベルトを一番価値のあるものに」


私は修斗のバンタム級とフライ級のチャンピオンです。その中でも、自分は修斗のチャンピオンですごい誇りを持っているので、あの中でホント一番の価値のあるベルトにしたいと思っています。

コーチはジョセフ・ベナビデスとヘンリー・セフード


フライ級はデメトリアス・ジョンソンが8度防衛の絶対王者として君臨しているが、UFCファイターランキング(王者は除く)の1位ジョセフ・ベナビデスと2位ヘンリー・セフードがTUF24のコーチとなった。

王者デメトリアス・ジョンソン登場「TUFフィナーレで待ってる」


デメトリアス・ジョンソンは、2012年にUFCが新設したフライ級の王座決定トーナメントを勝ち上がり、同年9月に決勝でジョセフ・ベナビデスを判定2-1で下し、初代UFCフライ級王者となった。

その後は、ジョン・ドッドソン、堀口恭司、ヘンリー・セフードなどフライ級ランキング上位のほとんど倒し、防衛記録を8度に伸ばしている。

デイナ社長、今回のTUFに大興奮「ファッキン・クールなTUFだ!」

ジ・アルティメット・ファイターでは毎回、選手に最高の知識を与え、君たちが今までしてきた肉体的・精神的・感情的なこと、全ての価値を高めようとしてきた。
その上、今回は経験豊かで、デメトリアス・ジョンソンと対戦している2人にきてもらった。彼らは自分たちが自分がやって通用したこと、通用しなかったことをよく分かっているんだ。君たちがどうやったら相手を倒せるか教えてくれるはずだ。 
君たち、君たちの団体に心から感謝している。今回は間違いなく史上最高のジ・アルティメット・ファイターだ。ここには世界中からきた団体のチャンピオンしかいないんだ。125ポンドのトーナメントを戦い、勝ち抜けばパウンド・フォー・パウンド1位のデメトリアス・ジョンソンが相手だ。 
次にすることは、チーム分けだ。コーチが君たちを評価する。 
さあやるぞ!準備はできたか!? 
(一同)イェアーーー!

選手の実力測定


デイナ社長、扇久保を見て「桜庭に似てるな」(笑)


チーム分け、先行はチーム・ベナビデス


(続く)

0 件のコメント:

コメントを投稿