2015年5月31日日曜日

サマソニ2015日曜トリのファレル・ウィリアムスとは?【中編】


ファレル・ウィリアムスがソロ活動を始めるまでの、2001年~2007年を振り返る。

ネプチューンズとしてプロデュース業で成功を収めたファレルは、旧友のシェルドン・ヘイリーを加え、ロック・グループN*E*R*Dを結成。あらゆるジャンルを取り入れたミクスチャーサウンドを打ち出す。

ネプチューンズとしては、2003年にコンピレーション・アルバムをリリース。全米1位を獲得する。

そして2006年、ソロアルバムを出したいという欲求を抑えられなくなったファレルは、1stアルバム『イン・マイ・マインド』を発表するが、それはトラウマとなってしまう。

2015年5月26日火曜日

サマソニ2015日曜トリのファレル・ウィリアムスとは?【前編】


2014年に最もシングルをヒットさせた男、ファレル・ウィリアムス。

2014年、8年ぶりにソロアルバムを発表し、シングル「ハッピー」は全米10週連続1位を記録。

第56回グラミー賞では最優秀プロデューサー賞などダフト・パンクと共に計4冠を獲得した。

2015年のサマーソニックの日曜ヘッドライナーを務める、この男に迫る。

2015年5月21日木曜日

サマソニの各ステージの違い・特徴まとめ【2015年】

サマーソニックは毎年8月のお盆前後に開催されている巡回型の都市型フェス。東京会場(千葉)と大阪会場で同時開催され、出演者は土日で両会場を行き来する。東京会場は、QVCマリンフィールド(球場)と幕張メッセを使用し、全7ステージで構成される。

出演者は土曜にロック、日曜にポップ系のアーティストが配置されることが多い。前日の金曜深夜にはソニックマニアという前夜祭が幕張メッセで開催されており、ダンス系のロックアーティストがヘッドライナーを務めている。

  • マリンステージ
  • マウンテンステージ
  • ソニックステージ
  • レインボーステージ
  • ビーチステージ
  • ガーデンステージ
  • アイランドステージ


2015年5月14日木曜日

ブランドン・フラワーズ「'Mr Brightside'は今の時代だったら売れなかった」


キラーズのヴォーカル、ブランドン・フラワーズがインタビューで音楽産業の変化について語っています。
レコード契約は変わった。いまのラジオはチャートしか見ていないんだ。彼らはラジオで曲を数回流して、それがiTunes人気が上昇しているかを気にしていて、うまくいってなければプロモーションを止めてしまうんだ。いまの時代にデビューしていたら、キラーズは売れていなかったと思う。

2015年5月8日金曜日

新作アルバム【2015年5月】


5.4 Mumford & Sons - Wilder Mind
5.5 Best Coast - California Nights
5.19 Brandon Flowers - The Desired Effect
5.20 Zedd - True Colors
5.20 Twenty One Pilots - Blurryface
5.20 Kwabs - Love + War
5.25 The Vaccines - English Graffiti
5.26 Lifehouse - Out of the Wasteland
5.26 Unknown Mortal Orchestra - Multi-Love
5.27 Alesso - Forever

2015年5月5日火曜日

ウォーク・ザ・ムーン、80年代ニューウェイヴに影響を受けた2010年代のUSインディロックバンド


ウォーク・ザ・ムーン(Walk the Moon)は2008年に結成された米オハイオ州出身のインディロックバンド。

フロントマンのニコラス・ペトリカが大学4年のときにバンドを結成。2010年に自主制作したアルバムの収録曲がラジオでヒットし、メジャーレーベルと契約。2012年にリリースした1stアルバム『ウォーク・ザ・ムーン』が全米チャート36位を獲得。

2014年12月には2ndアルバム『トーキング・イズ・ハード』が全米チャート16位を記録。リードシングル「シャット・アップ・アンド・ダンス」は100万枚以上を売り上げており、全米が注目する若手USインディロックバンドの一つとなっている。