2015年1月26日月曜日

【UFC】2015年のMMA(総合格闘技)団体の勢力図


UFCは2014年から月額サービスFight Passを始めたことで大会数が急増。ほぼ毎週のように大会が開催され、世界のローカル団体の有力選手の囲い込みをしたことで、2012年末に475名程度だった選手数も現在では570名程度とここ2年で約100名増えている。第2の団体のBellatorが125名程度なので選手数だけで比較してもUFCの方が4倍以上大きいことがわかる。選手のレベルの高さでみてもUFCは他の追随を許さず、1強となっている。

業界1位 UFC
業界2位 Bellator
業界3位 WSOF

2015年1月14日水曜日

サマソニ2015出演者&被りフェスまとめ【随時更新】


2015年のサマーソニック、前夜祭ソニックマニアは今年もお盆の週に開催されることが決定。
日程は北欧の大型フェスと被っており、今年の海外フェスに引っ張りだこのフローレンス・アンド・ザ・マシーンやベル・アンド・セバスチャン、アルト・ジェイはそちらのフェスに出演することとなっています。フー・ファイターズも全米ツアー中なので出演することはなさそうです。

2015年1月2日金曜日

新作アルバム【2015年1月】


1.13 Guster - Evermotion
1.14 Belle and Sebastian - Girls in Peacetime Want to Dance
1.19 Fall Out Boy - American Beauty/American Psycho
1.19 The Decemberists - What a Terrible World, What a Beautiful World
1.28 Ne-Yo - Non-Fiction

2015年1月1日木曜日

2014年アルバム売上1位はテイラー・スウィフトの『1989』に


米調査会社Nielsen(ニールセン)が2014年のアメリカでの音楽セールスを発表。
テイラー・スウィフトの5thアルバム『1989』はリリースから9週間ですが366万枚を売り上げ、アナと雪の女王のサウンドトラック『Frozen』の353万枚を最終週で抜き2014年に最も売れたアルバムとなりました。テイラーは2008年11月にリリースした2ndアルバム『Fearless』でも2009年に322万枚売り上げて、その年の最も売れたアルバムになっており2度目のトップセラーになっています。1991年以降で同一アーティストが2度トップセラーになったのはアデル(2011年、2012年)、エミネム(2002年、2010年)に続き3人目。マライア・キャリーは3度トップセラーになっています。

アルバムセールスは前年比11%減の2億5700万枚となりました。前年の2億8940万枚から大幅減と不調なセールスになりましたが、一方でレコードが前年比51%増の920万枚となるなど明るいニュースもあります。

年間アルバムセールス上位10枚
1 Taylor Swift 『1989』 366万枚
2 Frozen (Soundtrack) 353万枚
3 Sam Smith 『In The Lonely Hour』 121万枚
4 Pentatonix 『That’s Christmas to Me』 114万枚
5 Guardians of the Galaxy (Soundtrack) 89万8000枚
6 Beyoncé 『Beyoncé』 87万8000枚
7 Barbra Streisand 『Partners』 85万6000枚
8 Lorde 『Pure Heroine』 84万1000枚
9 One Direction 『Four』 81万4000枚
10 Eric Church 『The Outsiders』 81万1000枚