2015年12月12日土曜日

新作アルバム【2015年12月】


12.4 Coldplay - A Head Full of Dreams
12.4 Babyface - Return Of The Tender Lover
12.4 Sigma - Life
12.18 Cage the Elephant - Tell Me I'm Pretty

2015年12月11日金曜日

新作アルバム【2015年11月】


11.4 Kode9 - Nothing
11.6 Ellie Goulding - Delirium
11.6 Little Mix - Get Weird
11.6 Grimes - Art Angels
11.6 Sara Bareilles - What's Inside: Songs from Waitress
11.13 One Direction - Made In The A.M.
11.13 Justin Bieber - Purpose
11.13 A Great Big World - When the Morning Comes
11.20 Adele - 25
11.23 Foo Fighters - Saint Cecilia (EP)

2015年10月16日金曜日

新作アルバム【2015年10月】


10.2 Janet Jackson - Unbreakable
10.2 Avicii - Stories
10.9 Hurts - Surrender
10.9 Selena Gomez - Revival
10.16 Deerhunter - Fading Frontier
10.16 John Newman - Revolve
10.16 Demi Lovato - Confident
10.16 Neon Indian - VEGA INTL. Night School
10.16 !!! (Chk Chk Chk) - As If
10.16 Zebrahead - Walk the Plank
10.23 5 Seconds of Summer - Sounds Good Feels Good
10.30 The Neighbourhood - Wiped Out!

2015年9月17日木曜日

新作アルバム【2015年9月】


9.11 The Libertines - Anthems for Doomed Youth
9.11 Stereophonics - Keep the Village Alive
9.11 Duran Duran - Paper Gods
9.11 Leona Lewis - I Am
9.15 Prince - Hit n Run
9.18 Rudimental - We The Generation
9.18 Lana Del Rey - Honeymoon
9.18 Battles - La Di Da Di
9.18 Shinedown - Threat to Survival
9.18 Gabrielle Aplin - Light Up The Dark
9.25 New Order - Music Complete
9.25 Disclosure - Caracal
9.25 Wavves - V
9.25 Chvrches - Every Open Eye
9.25 Swim Deep - Mothers
9.25 Silversun Pickups - Better Nature
9.25 Kurt Vile - b'lieve I'm goin down...
9.25 Youth Lagoon - Savage Hills Ballroom

2015年9月11日金曜日

【UFC Japan 2015】ゲガール・ムサシ vs. ユライア・ホール


第10試合は、ゲガール・ムサシ vs. ユライア・ホールのミドル級対決。

メインイベント前最後の試合となります。

ゲガール・ムサシは、37勝のうち19のKO勝ち、13のサブミッション勝ちと、ボクシングベースのストライカーであり、寝技もできるトータルファイター。DREAMミドル級王者、Strikeforceライトヘビー級王者となった後、StrikeforceがUFCへ統合されたことでUFCと契約。2回の膝前十時靱帯手術を乗り越え、ビッグネームたちと戦い、現在UFCミドル級6位。日本大会の対戦相手は、ミドル級14位のホアン・カルネイロからランク外のユライア・ホールに変更となったが、この試合で勝利し、タイトル挑戦権を争いたい。

ユライア・ホールは、11勝のうち7のKO勝ちというストライカー。2013年、ROCミドル級王者として、TUF17ミドル級トーナメントに出場し、豪快なスピニングバックキックでKO勝ちするなど優勝候補として注目を集める。しかし、決勝まで勝ち進むも、ケルヴィン・ガステラムのレスリングに苦戦し、判定負け。次の試合でも消極的な試合でブーイングを浴び、判定負け。デイナ・ホワイト社長が、次の試合を負けたらリリースと言ったクリス・リーベン戦で、1RTKO勝ちを収めると、その後は勝利を重ね、現在UFC4勝3負。

2015年9月9日水曜日

【UFC Japan 2015】廣田瑞人 vs. 石原夜叉坊


第6試合は、廣田瑞人 vs. 石原夜叉坊のフェザー級対決。

TUF日本版「Road to UFC Japan」決勝戦となる、このカードからメインカードとなります。11時00分開始。

廣田瑞人は、17勝のうち10がKO勝ちというストライカー。CAGE FORCE、戦極、DEEPと国内3団体で王者となり、2012年にStrikeforce・UFCと契約するも、3連敗でリリース。Road To UFC Japanでは、大澤"大尊"伸光、DJ.taikiにフィジカルで圧倒し、危なげなく決勝戦進出を決めた。2年ぶりのUFC参戦で、初勝利なるか。

石原夜叉坊は、7勝のうち6つがKO勝ちというストライカー。Road To UFC Japanでは、安藤達也、西浦"ウィッキー"聡生に苦戦しながらも、積極的にパンチを放ち、テイクダウンを試みるなど、泥臭く判定勝ちを収め、決勝進出を決めた。バンタム級(60キロ:修斗フェザー級)で活動してため、UFC参戦後にライト級からフェザー級に落とした廣田とは、体格差があるが、優勝できるか。

2015年9月8日火曜日

【UFC Japan 2015】堀口恭司 vs. チコ・カムス


第9試合は、堀口恭司 vs. チコ・カムスのフライ級対決。

この大会の日本人出場カードは、この試合が最後となります。

堀口恭司は、15勝のうち9つがKO勝ちという空手ベースのストライカー。空手ならではの、遠距離からノーモーションで素早く相手にパンチを当てる突きを得意とし、スタンドの攻防を支配する。UFCデビュー後、4連勝でフライ級8位となり、今年4月には、24歳にしてUFCフライ級王者デメトリアス・ジョンソンに挑戦。アメリカの名門ジムAKAで苦手としていたレスリングを鍛え、王者相手に5Rまで持ち込むも、残り1秒アームバーで敗れる。今回の日本大会は、タイトルマッチ敗戦からの再起戦となる。再びタイトルに挑戦するためにも負けられない。

チコ・カムスは、14勝のうち4つがKO勝ちというボクサータイプのファイター。1試合(15分)あたりのテイクダウン数が0.88回と、かなり少なく、スタンドでの勝負を得意とする。UFC契約後は勝ち負けを繰り返しており、前回の試合では、北京五輪レスリング金メダリストのヘンリー・セフードにレスリングで圧倒され判定負け。フライ級のトップ戦線に入るためにも重要な一戦となる。現在UFCフライ級14位。

2015年9月4日金曜日

【UFC Japan 2015】水垣偉弥 vs. ジョージ・ループ


第8試合は、水垣偉弥 vs. ジョージ・ループのバンタム級対決。

水垣偉弥は、20勝のうち5つがKO勝ちというストライカー。14勝が判定だが、アグレッシブな打ち合いで会場を盛り上げている。同階級のランカーたちを倒してきたが、直近2試合は、元WEC・UFCバンタム級王者ドミニク・クルーズと新鋭アルジャメイン・スターリングといった強豪に敗れ、現在2連敗。2年ぶりの日本大会出場で再起したい。

ジョージ・ループは、手足の長さを活かして戦うファイター。もともとライト級で戦っており、水垣選手とは身長差15cm、リーチ差6cmと大きく体格差がある。TUF8ライト級トーナメントでセミファイナリストとなっており、フェザー級に階級を下げ、5戦前からはバンタム級で試合をしている。WEC時代を含めUFCで6勝8敗1分。

2015年9月3日木曜日

【UFC Japan 2015】菊野克紀 vs. ディエゴ・ブランダオ


第5試合は、菊野克紀 vs. ディエゴ・ブランダオのフェザー級対決。

プレリミナリーカード最後の試合となります。

菊野克紀は、23勝のうち12がKO勝ちという空手ベースのストライカー。2009年にDEEPライト級トーナメントを優勝して王者に。その後は、エディ・アルバレス、JZカルバン、廣田瑞人、北岡悟に敗れるなど勝ち負けを繰り返していたが、5連勝と実績を残し、2014年にUFC参戦。現在UFCで2勝2敗。

ディエゴ・ブランダオは、19勝のうち10のKO勝ち、5のサブミッション勝ちという、スタンドとグランド両方を得意とするファイター。2011年、TUF14フェザー級トーナメントに参戦。予選から3戦連続KO勝ちすると、決勝ではブランダオと同じく1位指名のデニス・バミューデスに、1Rアームバーで逆転勝ちし、優勝。直近の3試合では、ダスティン・ポイエー、コナー・アクレガーに1RKO負け。前回の試合は、ジミー・ヘッテスの耳負傷による1Rドクターストップなので、この日本大会が実質的に連敗からの再起戦となる。

2015年9月1日火曜日

【UFC Japan 2015】中村K太郎 vs. リー・ジンリャン


第4試合は、中村K太郎 vs. リー・ジンリャンのウェルター級対決。

中村K太郎は、30勝のうち15がサブミッション勝ちという寝技を得意とするファイター。2009年に、ADCCアブダビコンバット77キロ級で4位になったほどの実力。2006年、15勝2分の実績を残してUFCに参戦するも、まさかの3連敗。リリース後は、国内を中心に活動を続け、2015年にDEEPウェルター級王者となる。今回、国本起一の負傷欠場により、7年ぶりのUFC復帰となった。

リー・ジンリャンは、10勝のうち5つがサブミッション、2つがKO勝ちという7割のフィニッシュ率をもつファイター。2013年に中国のレジェンドFCウェルター級王者となる。UFC参戦後は、2勝1敗。

2015年8月31日月曜日

【UFC Japan 2015】ニック・ハイン vs. 粕谷優介


第3試合は、ニック・ハイン vs. 粕谷優介のライト級対決。

ニック・ハインは、柔道で鍛えた強靭なスタミナとフィジカルで相手を圧倒するファイター。柔道の実力は、北京オリンピック柔道ドイツ代表補欠に選出された程。12勝のうち7つが判定勝ちですが、試合終盤まで積極的に攻める選手です。2014年に11勝1敗の実績を残し、UFCに参戦。現在UFCで2勝1敗。

粕谷優介は、9勝のうち8つがサブミッション勝ちという寝技を得意とするファイター。2011年に修斗新人王決定トーナメント決勝で、後にRoad to UFC Japanに参戦する大澤"大尊"伸光に1Rトーホールドでサブミッション勝ちを収め、優勝。その後は、UFCを目標に、中国のレジェンドFCに参戦。レジェンドFCの活動停止により、再び修斗に戻るも児山佳宏戦で引き分け。2015年、ハワイのPXCライト級王者フランク・カマチョにRNCで逆転勝ちし、新王者に。今回がUFC初戦となる。

【UFC Japan 2015】小谷直之 vs. ケイジャン・ジョンソン


UFC Japan 2015 第2試合は、小谷直之 vs. ケイジャン・ジョンソンのライト級対決。

第2試合の開始時間は9時00分となっています。

小谷直之は、33勝のうち25がサブミッション勝ちという寝技を得意とするファイター。フィニッシュ率は脅威の91%。ZSTで活躍し、2007年にUFCと契約するも、2連敗でリリース。その後、国内で勝ち負けを繰り返していたが、11連勝を記録すると、2014年、7年ぶりにUFC復帰。ここまでUFC復帰後2連敗となっているが、日本大会でUFC初勝利を手にしたい。

ケイジャン・ジョンソンは、20勝のうち11がサブミッション勝ちという寝技を得意とするファイター。2004年~2011年まで13勝3敗1分の成績を残し、2013年に、TUFネイションズ「カナダ vs. オーストラリア」のウェルター級トーナメントに参戦。セミファイナリストとなり、UFC契約後はここまで1勝1敗となっている。

2015年8月30日日曜日

【UFC Japan 2015】安西信昌 vs. ロジャー・ザパタ


UFC Japan 2015 第1試合は、安西信昌 vs. ロジャー・サパダのウェルター級対決。

オープニングカードの開始時間が8時30分となっており、今年のUFC Japanは朝から始まります。

安西信昌は、8勝のうち6つが1RKO勝利というストライカー。大学レスリングというバックボーンを持つ。パンクラスミドル級王者になったわずか2ヵ月後、2014年6月のUFCマカオ大会にウェルター級で代役出場。1RTKO負けとなったが、アグレッシブなファイトスタイルで会場を沸かせた。今回がUFC2戦目となる。

ロジャー・ザパタは、4勝のうち3つがKO勝ちというストライカー。2015年5月のUFCフィリピン大会でリー・ジンリャンと対戦する予定だったが、負傷で欠場。今回がUFC初戦となる。

2015年8月28日金曜日

【UFC Japan 2015】山本"KID"徳郁 vs. マット・ホーバー


UFC Japan 2015 第7試合は、山本"KID"徳郁 vs. マット・ホーバーのバンタム級対決。

この試合の前、「Road to UFC Japan決勝」からメインカードとなります。

山本"KID"徳郁は、K1やHERO'Sで活躍した日本MMA屈指の人気を誇るファイター。2011年にUFCと契約するも、4戦3敗1NC。前膝前十字靭帯の手術以降、怪我に苦しんで思うようなパフォーマンスを見せることができていないが、3年ぶりの日本大会出場で再起を狙いたい。

マット・ホーバーは、高校時代に2度オールアメリカンに選出されたレスリングベースのファイター。9勝のうち4つがサブミッション勝ちと寝技を得意としている。バンタム級としては長身の178cm。10cmというリーチ差をいかして自分の距離をつくりたい。

【UFC Japan 2015】 出場選手・チケット座席まとめ


世界最高峰の総合格闘技UFCが再び日本に戻ってきます。

今年で4年目となるUFCの日本大会。会場となるのは、総合格闘技の聖地さいたまスーパーアリーナ。

そして注目のメインカードは、ジョシュ・バーネット対ロイ・ネルソンのヘビー級対決。UFCベビー級で最年少王者となり、その後PRIDEで活躍したのち、再びUFCに戻ったジョシュ・バーネットは、UFCベビー級6位(発表時)のトップファイター。対するロイ・ネルソンは、右のオーバーハンドでKOを量産する豪腕ストライカー。昨年マーク・ハント相手にUFC初のKO負け喫したが、リベンジなるか。

2015年8月11日火曜日

新作アルバム【2015年8月】


8.14 Jess Glynne - I Cry When I Laugh
8.21 Rob Thomas - The Great Unknown
8.21 The Fratellis - Eyes Wide, Tongue Tied
8.28 Foals - What Went Down
8.28 Nero - Between II Worlds
8.28 The Weeknd - Beauty Behind The Madness
8.28 Ella Eyre - Feline
8.30 Miley Cyrus - Miley Cyrus & Her Dead Petz

2015年7月14日火曜日

新作アルバム【2015年7月】


7.10 Four Tet - Morning/Evening
7.10 Years & Years - Communion
7.10 Prides - The Way Back Up
7.10 Owl City - Mobile Orchestra
7.15 The Strypes - Little Victories
7.17 The Chemical Brothers - Born in the Echoes
7.17 Tame Impala - Currents
7.17 Ratatat - Magnifique

2015年7月9日木曜日

2015年上半期の米音楽セールスが14%のプラスに転じる


米調査会社Neilsenによると、2015年上半期の米音楽セールスは、急拡大するストリーミングによって14%のプラスに転じた。オンデマンド・ストリーミングは1350億曲再生、前年同期比92.4%増となった。

フィジカルアルバムセールスでは、レコードが引き続き伸びており前年比同期比38%増、フィジカルアルバムでの構成比率は9%まで成長している。

2015年6月30日火曜日

サマソニ2015土曜トリのケミカル・ブラザーズとは?【中編】


ケミカル・ブラザーズが、2ndアルバムをリリースしてから一時活動を休止するまでの、1997年~2009年を振り返る。

1995年、ロック、アシッドハウス、テクノ、ヒップホップという要素が混じったデビューアルバムでシーンに衝撃を与え、「ビッグビート」と呼ばれるジャンルを築いたケミカル・ブラザーズは、2年後の1997年、2ndアルバムで初の全英アルバムチャート1位を獲得する。

彼らはアルバムによって、ロック色を強めたり、サイケデリック・ミュージック、ヒップホップを意識するなど、誰も聴いたことがない先鋭的な音を模索していった。

この期間、2ndアルバム(1997年)から6thアルバム(2007年)まで5作連続で全英アルバムチャート1位を獲得している。

2015年6月22日月曜日

サマソニ2015土曜トリのケミカル・ブラザーズとは?【前編】


現在のダンスミュージックシーンは、この2人の男の偉業なくして存在しない。

いち早くロックヴォーカリストをフィーチャーし、ロックとダンスミュージックを融合させた新たなジャンル、ビッグビートの仕掛人と称される。

トップクリエーターとして90年代以降のシーンの頂点に君臨。それがケミカル・ブラザーズだ。

2015年、5年ぶりの新作アルバムを発表。そして、大型音楽フェス「サマーソニック2015」のヘッドライナーに抜擢され、いま再び注目を集める。

常に誰も聴いたことがない音を模索し、ダンスミュージックシーンに多大な影響を与えたケミカル・ブラザーズに迫る。

2015年6月13日土曜日

新作アルバム【2015年6月】


6.1 Florence and the Machine - How Big, How Blue, How Beautiful
6.2 Jamie xx - In Colour
6.2 Soak - Before We Forgot How to Dream
6.5 Muse - Drones
6.9 Of Monsters and Men - Beneath The Skin
6.15 MIKA - No Place in Heaven
6.16 Adam Lambert - The Original High
6.17 Nate Ruess - Grand Romantic
6.23 Wolf Alice - My Love Is Cool
6.23 Everything Everything - Get to Heaven
6.24 Carly Rae Jepsen - E:MO:TION

2015年6月1日月曜日

サマソニ2015日曜トリのファレル・ウィリアムスとは?【後編】


ファレル・ウィリアムスが、マドンナのアルバムを手掛けて再びプロデューサーとして成功を収めてから、トラウマとなっていたソロ活動を8年ぶりに再開させるまでの、2008年~2014年を振り返る。

2008年にマドンナのアルバム『ハード・キャンディ』を手掛けたファレルは、N*E*R*Dとしての活動に移る。一度完成させたアルバムを破棄し、一から作り直したアルバム『ナッシング』(2010年)の収録曲「ヒプノタイズ・ユー」をダフトパンクと共作したことが、「ゲット・ラッキー」(2013年)のコラボに繋がる。

ヒット曲「ゲット・ラッキー」を気に入ったコロンビア・レコードの重役の熱意に打たれ、トラウマとなっていたソロ活動を再開。2014年、8年ぶりのソロアルバム『ガール』をリリース。収録曲「ハッピー」は、この年最も売れたシングルとなった。

いまキャリアの絶頂期を迎えているファレル・ウィリアムスは、2015年の夏、サマーソニックのヘッドライナーとしてソロ初来日する。

2015年5月31日日曜日

サマソニ2015日曜トリのファレル・ウィリアムスとは?【中編】


ファレル・ウィリアムスがソロ活動を始めるまでの、2001年~2007年を振り返る。

ネプチューンズとしてプロデュース業で成功を収めたファレルは、旧友のシェルドン・ヘイリーを加え、ロック・グループN*E*R*Dを結成。あらゆるジャンルを取り入れたミクスチャーサウンドを打ち出す。

ネプチューンズとしては、2003年にコンピレーション・アルバムをリリース。全米1位を獲得する。

そして2006年、ソロアルバムを出したいという欲求を抑えられなくなったファレルは、1stアルバム『イン・マイ・マインド』を発表するが、それはトラウマとなってしまう。

2015年5月26日火曜日

サマソニ2015日曜トリのファレル・ウィリアムスとは?【前編】


2014年に最もシングルをヒットさせた男、ファレル・ウィリアムス。

2014年、8年ぶりにソロアルバムを発表し、シングル「ハッピー」は全米10週連続1位を記録。

第56回グラミー賞では最優秀プロデューサー賞などダフト・パンクと共に計4冠を獲得した。

2015年のサマーソニックの日曜ヘッドライナーを務める、この男に迫る。

2015年5月21日木曜日

サマソニの各ステージの違い・特徴まとめ【2015年】

サマーソニックは毎年8月のお盆前後に開催されている巡回型の都市型フェス。東京会場(千葉)と大阪会場で同時開催され、出演者は土日で両会場を行き来する。東京会場は、QVCマリンフィールド(球場)と幕張メッセを使用し、全7ステージで構成される。

出演者は土曜にロック、日曜にポップ系のアーティストが配置されることが多い。前日の金曜深夜にはソニックマニアという前夜祭が幕張メッセで開催されており、ダンス系のロックアーティストがヘッドライナーを務めている。

  • マリンステージ
  • マウンテンステージ
  • ソニックステージ
  • レインボーステージ
  • ビーチステージ
  • ガーデンステージ
  • アイランドステージ


2015年5月14日木曜日

ブランドン・フラワーズ「'Mr Brightside'は今の時代だったら売れなかった」


キラーズのヴォーカル、ブランドン・フラワーズがインタビューで音楽産業の変化について語っています。
レコード契約は変わった。いまのラジオはチャートしか見ていないんだ。彼らはラジオで曲を数回流して、それがiTunes人気が上昇しているかを気にしていて、うまくいってなければプロモーションを止めてしまうんだ。いまの時代にデビューしていたら、キラーズは売れていなかったと思う。

2015年5月8日金曜日

新作アルバム【2015年5月】


5.4 Mumford & Sons - Wilder Mind
5.5 Best Coast - California Nights
5.19 Brandon Flowers - The Desired Effect
5.20 Zedd - True Colors
5.20 Twenty One Pilots - Blurryface
5.20 Kwabs - Love + War
5.25 The Vaccines - English Graffiti
5.26 Lifehouse - Out of the Wasteland
5.26 Unknown Mortal Orchestra - Multi-Love
5.27 Alesso - Forever

2015年5月5日火曜日

ウォーク・ザ・ムーン、80年代ニューウェイヴに影響を受けた2010年代のUSインディロックバンド


ウォーク・ザ・ムーン(Walk the Moon)は2008年に結成された米オハイオ州出身のインディロックバンド。

フロントマンのニコラス・ペトリカが大学4年のときにバンドを結成。2010年に自主制作したアルバムの収録曲がラジオでヒットし、メジャーレーベルと契約。2012年にリリースした1stアルバム『ウォーク・ザ・ムーン』が全米チャート36位を獲得。

2014年12月には2ndアルバム『トーキング・イズ・ハード』が全米チャート16位を記録。リードシングル「シャット・アップ・アンド・ダンス」は100万枚以上を売り上げており、全米が注目する若手USインディロックバンドの一つとなっている。

2015年4月10日金曜日

新作アルバム【2015年4月】


4.1 Toro Y Moi - What For?
4.15 The Wombats - Glitterbug
4.20 Tom DeLonge - To The Stars...
4.21 Alabama Shakes - Sound & Color
4.21 San Fermin - Jackrabbit
4.22 Passion Pit - Kindred
4.28 Blur - The Magic Whip

2015年4月6日月曜日

ナイル・ロジャース、ダンスミュージックの帝王


ナイル・ロジャースは1977年、ベーシスト、バーナード・エドワーズとファンクバンド、シック(Chic)を結成。二人はヒット曲を連発し世界中でディスコ・ブームを巻き起こす。ナイルとバーナードは最高のパートナーでもあり親友でもあった。

80年代に入ると二人はシックの活動以外にそれぞれのソロアーティストとして、さまざまなアーティストのプロデュースを手掛けるようになる。ナイルは1985年に年間チャートナンバー1のプロデューサーになっている。

90年代に入っても二人はシック、そしてさまざまな音楽シーンで活躍する。親日家としても知られ1996年に行われた武道館での2人のパフォーマンスに観客は熱狂した。しかし、この日のステージがバーナードの最後となってしまう。公演後、バーナードは宿泊先のホテルの部屋で遺体として発見される。

2015年3月11日水曜日

ポップ界の新女王ケイティ・ペリーのキャリアまとめ【~2015年】


2015年4月に4年ぶりの来日単独公演を行うケイティ・ペリー。
2010年代を代表するポップ界の新女王は、4thアルバム『プリズム』で2作連続チャート1位を獲得し、現在プリズマティック・ワールド・ツアーを興業中。アリーナクラスのチケットが軒並み完売している。

2月には全米で1億人以上が視聴するNFLスーパーボウルのハーフタイムショーへの出演を果たした彼女のこれまでの音楽キャリアは決して楽なものではなかった。

カリフォルニアの敬虔なクリスチャンの家庭で生まれ、15歳で高校を卒業した後、ナッシュビルに移りアルバムをリリースするも不発。大手レーベルと契約するも2度も契約解除。2ndアルバムでの成功、3rdアルバムで初めての全米1位を獲得し、結婚するも14ヶ月で離婚。悲しみを乗り越え4thアルバム、スーパーボウル出演とポップ界の頂点を極める。

そんなケイティ・ペリーのキャリアを振り返りました。

2015年3月9日月曜日

新作アルバム【2015年3月】


3.10 Madonna - Rebel Heart
3.17 Modest Mouse - Strangers to Ourselves
3.23 James Bay - Chaos and the Calm
3.24 The Cribs - An Ivory Hand
3.30 Madeon - Adventure
3.31 The Prodigy - The Day Is My Enemy
3.31 Circa Waves - Young Chasers
4.1 Death Cab for Cutie - Kintsugi

2015年3月5日木曜日

ニルヴァーナの登場、グランジが時代を変える


80年代はMTVの開局、CDの登場によって音楽産業が巨大化した時代。

巨大資本を投下していかに商業的成功を収められるかが重要なこの時代の音楽シーンの中心は派手なポップやメタルロックだった。80年代から始まる初期のオルタナティヴロックバンドたちはメジャーに挑戦したが、メインストリームに大きなインパクトを与えるうことはできなかった。

しかし90年代に入ると状況は一転。

時代を変えたのはグランジと呼ばれるヘヴィなハードロックとパンクを組み合わせた音楽だった。アメリカ北西部ワシントン州シアトルから始まったこのムーヴメントの中心的バンドがニルヴァーナ。

1991年、彼らは音楽シーンに革命を起こす。この年の9月にリリースしたメジャーデビューアルバム『ネヴァーマインド』が音楽メディアに絶賛され、MTVで収録曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」のPVが繰り返し流されると、全米チャートでマイケル・ジャクソンの『デンジャラス』を破り1位に上り詰める。

アメリカ経済が失速し始めたことも大きかった。

派手な衣装を着たポップスターが歌う浮世離れした現実逃避的な音楽は若者の共感を生まなくなる。失業・就職難の彼らの心を掴んだのは、自分たちと同じような普段着を身に纏い、面白いとは言えないこの時代に対してふてくされ、でも、どうしていいかわからずに声にならない叫びを上げていたカート・コバーンだった。

2015年3月4日水曜日

80年代のオルタナティヴ・ロック


80年代、MTVの開局とCDの登場によって商業化した音楽産業のカウンターカルチャーとしてアンダーグラウンドではオルタナティヴ・ロックが生まれていた。オルタナティヴ(Alternative)とは「他の、代わりの」という意味。

2015年3月3日火曜日

80年代の音楽産業


80年代。
MTVの開局とCDの登場によって音楽業界が巨大化し、商業的になった時代。

2015年2月21日土曜日

ソニックマニアの歴史【2011年~2015年】


サマーソニックの前日金曜日の午後10時から翌日午前5時まで行われるフェス、ソニックマニア。
会場が幕張メッセという騒音を気にしなくてもよい立地というもあり、深夜に轟音を鳴らし続けており、日本では唯一のオールナイトの大型フェスとなっている。

2011年に始まったソニックマニアは、翌日の電車の始発まで踊り続けるダンス系ロックフェスとして、ストーンローゼス、プライマルスクリーム、プロディジーといったダンス系・打ち込み系ロックアーティストが出演しており、80年代末~90年代前半のレイヴカルチャーを蘇らせている。第2ステージには流行のEDMの若手を呼んでおり、現在と90年代の音楽リスナーを結ぶ役割をしている。

2015年2月6日金曜日

新作アルバム【2015年2月】


2.9 Peace - Happy People
2.9 Kodaline - Coming Up for Air
2.17 Imagine Dragons - Smoke + Mirrors
2.25 Noel Gallagher's High Flying Birds - Chasing Yesterday

2015年1月26日月曜日

【UFC】2015年のMMA(総合格闘技)団体の勢力図


UFCは2014年から月額サービスFight Passを始めたことで大会数が急増。ほぼ毎週のように大会が開催され、世界のローカル団体の有力選手の囲い込みをしたことで、2012年末に475名程度だった選手数も現在では570名程度とここ2年で約100名増えている。第2の団体のBellatorが125名程度なので選手数だけで比較してもUFCの方が4倍以上大きいことがわかる。選手のレベルの高さでみてもUFCは他の追随を許さず、1強となっている。

業界1位 UFC
業界2位 Bellator
業界3位 WSOF

2015年1月14日水曜日

サマソニ2015出演者&被りフェスまとめ【随時更新】


2015年のサマーソニック、前夜祭ソニックマニアは今年もお盆の週に開催されることが決定。
日程は北欧の大型フェスと被っており、今年の海外フェスに引っ張りだこのフローレンス・アンド・ザ・マシーンやベル・アンド・セバスチャン、アルト・ジェイはそちらのフェスに出演することとなっています。フー・ファイターズも全米ツアー中なので出演することはなさそうです。

2015年1月2日金曜日

新作アルバム【2015年1月】


1.13 Guster - Evermotion
1.14 Belle and Sebastian - Girls in Peacetime Want to Dance
1.19 Fall Out Boy - American Beauty/American Psycho
1.19 The Decemberists - What a Terrible World, What a Beautiful World
1.28 Ne-Yo - Non-Fiction

2015年1月1日木曜日

2014年アルバム売上1位はテイラー・スウィフトの『1989』に


米調査会社Nielsen(ニールセン)が2014年のアメリカでの音楽セールスを発表。
テイラー・スウィフトの5thアルバム『1989』はリリースから9週間ですが366万枚を売り上げ、アナと雪の女王のサウンドトラック『Frozen』の353万枚を最終週で抜き2014年に最も売れたアルバムとなりました。テイラーは2008年11月にリリースした2ndアルバム『Fearless』でも2009年に322万枚売り上げて、その年の最も売れたアルバムになっており2度目のトップセラーになっています。1991年以降で同一アーティストが2度トップセラーになったのはアデル(2011年、2012年)、エミネム(2002年、2010年)に続き3人目。マライア・キャリーは3度トップセラーになっています。

アルバムセールスは前年比11%減の2億5700万枚となりました。前年の2億8940万枚から大幅減と不調なセールスになりましたが、一方でレコードが前年比51%増の920万枚となるなど明るいニュースもあります。

年間アルバムセールス上位10枚
1 Taylor Swift 『1989』 366万枚
2 Frozen (Soundtrack) 353万枚
3 Sam Smith 『In The Lonely Hour』 121万枚
4 Pentatonix 『That’s Christmas to Me』 114万枚
5 Guardians of the Galaxy (Soundtrack) 89万8000枚
6 Beyoncé 『Beyoncé』 87万8000枚
7 Barbra Streisand 『Partners』 85万6000枚
8 Lorde 『Pure Heroine』 84万1000枚
9 One Direction 『Four』 81万4000枚
10 Eric Church 『The Outsiders』 81万1000枚