2014年12月26日金曜日

【UFC】2014年の全46大会を振り返る


ほぼ毎週のように開催された2014年のUFCは、MMAのグローバル化を狙い世界各地でのローカル大会を増やしたため2013年の33大会から13大会増の年間46大会となりました。このうちアメリカ国外での開催は22大会なので約半分が国外での大会となっています。

2014年1月から本格的に始まったUFC Fight Passは月額9.99ドルでナンバー大会以外のほとんどの大会、PRIDE・WEC・Strikeforceを含む膨大な過去のライブラリが視聴できるサービスで、これまでのPPV中心の時代と比べて1大会あたりの視聴者数が減小しましたが、このFight Pass大会でローカル大会を増やしたことでアメリカ国外の視聴者を増やしています。特にメキシコで放送されたTUFラテンアメリカの初回放送は平均視聴者数720万人で水曜10時の時間帯で最高視聴率を獲得。11月に開催されたUFC初のメキシコ大会は2万枚のチケットが8時間で完売するなど新市場を開拓しています。

2015年のUFCは全45大会、アメリカ国外で23大会となります。8月に新しくチーフ・グローバル・ブランド・オフィサーに就任したゲーリー・クックは5500万世帯の視聴者をもつロシア国有放送局と契約。2015年にUFC初のロシア大会は開催できるかどうかわからないとしながらも、今後大会を開催することを明言しています。ポーランド、スコットランドでの開催も検討しているようです。デイナ・ホワイト社長は近年増加している韓国人選手を起用してUFC初の韓国大会を開催することを明言しています。例年通りの日本大会に加え日本版TUFも予定されるなど、UFCは2015年も積極的な海外展開をしていくようです。

2014年12月22日月曜日

新作アルバム【2014年12月】


12.2 Walk The Moon - Talking is Hard
12.9 Smashing Pumpkins - Monuments to an Elegy
12.16 Charli XCX - Sucker

2014年12月3日水曜日

【BBC Sound of 2015】UK新人ランキング 後編


イギリス公共放送BBCが毎年1月に発表するその年の活躍が期待される新人ランキング、「BBC Music Sound of...」。その2015年版「BBC Music Sound of 2015」のノミネート15組が12月1日に発表されました。上位5組は1月5日~9日にカウントダウン形式で発表されます。

James Bay(ジェイムズ・ベイ)、Years & Years(イヤーズ・アンド・イヤーズ)、George The Poet(ジョージ・ザ・ポエット)の3組は英国レコード産業協会ブリット・アワードの批評家賞クリティクス・チョイス・アワードにもノミネートされています。12月4日にウィナーが発表されます。

2014年12月1日月曜日

【BBC Sound of 2015】UK新人ランキング 中編


イギリス公共放送BBCが毎年1月に発表するその年の活躍が期待される新人ランキング、「BBC Music Sound of...」。その2015年版「BBC Music Sound of 2015」のノミネート15組が12月1日に発表されました。上位5組は1月5日~9日にカウントダウン形式で発表されます。

昨年はSam Smith (サム・スミス)、Royal Blood (ロイヤル・ブラッド)、George Ezra (ジョージ・エズラ)、BANKS (バンクス)、Jungle (ジャングル)、FKA Twigs (FKA ツイッグス)、Ella Eyre (エラ・エア)などがノミネートされてブレイクしました。

【BBC Sound of 2015】UK新人ランキング 前編


イギリス公共放送BBCが毎年1月に発表するその年の活躍が期待される新人ランキング、「BBC Music Sound of...」。その2015年版「BBC Music Sound of 2015」のノミネート15組が12月1日に発表されました。上位5組は1月5日~9日にカウントダウン形式で発表されます。

2003年から始まったこの年末恒例企画は英国レコード産業協会ブリット・アワードの批評家賞クリティクス・チョイス・アワードとともに音楽関係者の注目を集める新人賞です。過去にはアデル、エリー・ゴールディング、ジェシー・J、ハイム、サム・スミスが受賞しています。