2014年7月12日土曜日

UKガラージの歴史【1995年~2014年】


UKガラージ(UK garage、UKG)と呼ばれるイギリスのダンスミュージックは、1995年頃にスピードガラージが誕生したことから始まる。1998年になるとUKガラージの中心は2ステップに移り、1999年から2000年にかけてメインストリームでも成功を収める。多くの曲がUKチャートにランクインしたが、似たようなサウンドが溢れ返り、2ステップは飽きられ始める。2001年になると2ステップとヒップホップが結びついたグライムが登場、2000年代半ばにかけて発展した一方で、2002年の終わりにはUKガラージがチャート上位に入ることはほとんどなくなり、メインストリームの音楽とは言えなくなっていた。

00年代半ばから後半にかけてダブステップが流行。同時期に2007年後半から2008年前半にかけてベースラインと呼ばれるスピードガラージ復刻版が、00年代終わりにはレゲエ、ダンスホールの要素を取り入れたUKファンキーがやや流行する。

2010年代に入るとUKガラージは原点回帰の機運が高まり、80年代~90年代前半のシカゴハウス、デトロイトハウスとソウルミュージックがミックスしたディープハウスが2013年のディスクロージャーの成功によって台頭。2014年になるとディープハウス系のアーティストがチャート1位をとるようになり、UKガラージは再びメインストリームの音楽となっている。

スピードガラージ(1995年~1997年)

80年代後半、ニューヨークのパラダイス・ガラージでできたガラージと呼ばれるディスコ、ソウル、ゴスペルの要素が入ったニューヨーク・ハウスは海を渡ってイギリスにやってくると、イギリスのクラブシーンで流行していたドラムンベース(Drum and Bass、Drum n Bass)と結びつき、スピードガラージ(Speed Garage)へと変貌を遂げる。当時はロンドン・ガラージ、サンデイ・シーンとも呼ばれていました。ソウルフルなガラージとドラムンベースのブレイクビーツが融合しているのが特徴。

1997年10月にダブル99(Double 99)が「RIP Groove」をUKチャート14位にランクインさせると、11月には187ロックダウン(187 Lockdown)が「Gunman」を16位にランクインさせる。

Double 99 - RIP Groove

187 Lockdown - Gunman

パラダイス・ガラージで最も有名だったDJラリー・レヴァン(Larry Levan)

ジャングル/ドラムンベース

2ステップ(1998年~2000年)

1997年の終わりに流行ったスピードガラージですが、1998年に入ると流行は終わります。それに代わってUKガラージの中心となったのが2ステップ(2-step)。ハウス特有の4つ打ち(4ビート)から2拍目と4拍目のバスドラムを取り除いて、1拍目と3拍目を強調したリズムにR&Bのボーカルをのっけているのが特徴。

1999年5月にシャンクス&ビッグフット(Shanks & Bigfoot)が「Sweet Like Chocolate」をチャート1位に送り込むと、11月にはアートフル・ドジャー(Artful Dodger)がR&Bシンガーのクレイグ・デイヴィッド(Craig David)をフィーチャリングした「Re Rewind」を2位にラインインさせる。これに続いて2ステップは2000年にかけて数多くの曲がチャート上位にランクインします。

Artful Dodger - Re Rewind ft. Craig David

Shanks & Bigfoot - Sweet Like Chocolate

グライム(2001年~00年代半ば)

毎週のようにチャートインしてくる2ステップが飽きられてくると、2ステップは当時流行していたヒップホップを取り入れグライム(Grime)という新しい音楽を生みます。

2001年11月にソー・ソリッド・クルー(So Solid Crew)が「They Don't Know」を3位に。グライムは2ステップに比べるとチャート上位に入った曲はかなり少なくないですが、2003年にディジー・ラスカル(Dizzee Rascal)がデビューアルバムでマーキュリー賞(イギリスで最も権威ある音楽賞)を獲得するなど高く評価されました。

So Solid Crew - They Don't Know

Dizzee Rascal - I Luv U

ダブステップ(2000年半ば~00年代後半)

関連記事:Burial(ブリアル)、ライブを一切しないダブステップ界の重鎮
http://kkssskk.blogspot.jp/2014/04/burial.html

Burial - Archangel (Hyperdub 2007)

Burial - Homeless

ベースライン(2007年後半~2008年前半)


T2 - Heartbroken ft. Jodie

 H 'two' O - What's It Gonna Be ft. Platnum

UKファンキー(2000年代終わり)

00年代終わりにはレゲエ、ダンスホールの要素を取り入れたUKファンキー(UK Funky)がやや流行。

UK Funky House Mix

ディープハウス(2013年~)

関連記事:Duke Dumont、UKガラージ浸透の可能性を語る
http://kkssskk.blogspot.jp/2014/07/duke-dumontuk.html

Disclosure - Latch ft. Sam Smith

Duke Dumont - Need U (100%) ft. A*M*E

1 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除