2014年4月29日火曜日

The Red Jumpsuit Apparatus、00年代後半のスクリーモバンド


The Red Jumpsuit Apparatus(ザ・レッドジャンプスーツ・アパラタス)はフロリダ出身の5人組スクリーモバンド。レッジャン、RJAとも呼ばれています。

2006年7月にリリースした1stアルバム『Don't You Fake It』が全米チャート最高位25位、全世界で100万枚を売り上げるヒットを記録。当時はエモ(エモーショナル・ハードコア)が盛り上がりを見せていた時代。2005年にFall Out Boyが2ndアルバム『From Under the Cork Tree』、そのフォロワーバンドのPanic! at the Discoが1stアルバム『A Fever You Can't Sweat Out』をリリース、2006年というとMy Chemical Romanceが『The Black Parade』を大ヒットさせるなどエモ系のポップパンクバンドがチャート上位にランクインし始めた年でした。

こうしたシーンの活況の中で出てきたレッジャンは、エモにスクリーム(叫び)を加えたスクリーモバンドとしてファンを増やしていきましたが、2009年にリリースした2ndアルバム『Lonely Road』で脱スクリーモ路線を打ち出し方向転換、アルバムのプロモーションに不満をもちメジャーレーベルのヴァージンレコードとの契約を解除すると以降自主制作で原点回帰するも売上は低迷。
2014年6月に約3年ぶりの4thアルバム『4』のリリースを予定しています。

2014年4月23日水曜日

ザ・ドラムス、NYのサーフポップバンド


The Drums(ザ・ドラムス)はニューヨーク、ブルックリン出身の2人組サーフロック系インディポップバンド。元々4人で活動していましたが、現在はジョナサン・ピアース、ジェイコブ・グラハムの2人で活動しています。
2010年の1stアルバム『The Drums』をリリースする前から、BBC Sound of 2010で5位に選出、米ピッチフォーク誌の「Best Hope for 2009」で1位に選出されるなど、ハイプと批判されるくらい各メディアから絶賛されました。

2014年4月20日日曜日

ザ・ウォンバッツ、ニューウェイブ系インディロックバンド


The Wombats(ザ・ウォンバッツ)はリバプール出身の3人組ポストパンク、ニューウェイブ系インディロックバンド。
2011年4月にリリースした2ndアルバム『This Modern Glitch』が全英チャート3位のヒットを記録すると、グラストンベリー・フェスティバル、iTunesフェスティバル2011に出演。
2014年、3年振りの3rdアルバムのリリースを予定しています。

サテライト・ストーリーズ、フィンランドのトゥー・ドア・シネマ・クラブ


Satellite Stories(サテライト・ストーリーズ)はフィンランド出身の4人組インディロックバンド。
よくTwo Door Cinema Clubと比較されるバンドです。

2014年4月18日金曜日

シチズンズ、フランツ・フェルディナンドのアレックスがプロデュース


Citizens!(シチズンズ)はロンドン出身の5人組シンセポップ系インディロックバンド。

2012年5月、Franz Ferdinand(フランツ・フェルディナンド)のアレックス・カプラノスがプロデュースした1stアルバム『Here We Are』をリリース。同年12月にはフランスのインディレーベル、KitsunéのレーベルメイトだったTwo Door Cinema Club(トゥー・ドア・シネマ・クラブ)のツアーのオープニングアクトで来日公演をしています。

トゥー・ドア・シネマ・クラブ、2010年代のシンセポップ系インディロックバンド


Two Door Cinema Club(トゥー・ドア・シネマ・クラブ)は2010年代を代表するシンセポップ系インディロックバンド。イギリス北アイルランド出身の3人組。
ギターのサム・ハリデーが奏でるディレイを多用したクリーンでアップテンポな高音強調のギターに、ボーカルのアレックス・トリンブルのリズムギターとシンセサイザーが混じり、ダンサブルなサウンドを生み出しているのが特徴。

2014年4月13日日曜日

M83、フランス発エレクトロ・シューゲイザー


M83(エム・エイティスリー)はフランスのエレクトロ・シューゲイザー・バンド。
ほとんどアンソニー・ゴンザレスによるソロ・プロジェクトですが、バンド編成となっています。
M83というバンド名はM83渦巻き銀河からきています。ちなみにウルトラマンの故郷はM78星雲です。

フェニックス、フランスのシンセポップ・バンド


Phoenix(フェニックス)はフランス、ヴェルサイユ出身の4人組シンセポップ・バンド。
2013年のコーチェラでヘッドライナーを務めたバンドは、今年1月に来日公演をしていますが、サマソニで再来日することが決まっています。

ザ・キラーズ、結成から1作目『Hot Fuss』まで【2001年~2004年】


The Killers(ザ・キラーズ)は2004年6月に1stアルバム『Hot Fuss』をリリース。
全米チャート最高位7位、全英チャート最高位1位。全世界で700万枚を売り上げ、一気に世界的なバンドとなりました。

ザ・キラーズ、ニューウェイヴ×ポストパンク・リバイバル


The Killers(ザ・キラーズ)は2001年にラスベガスで結成された4人組バンド。
2000年代のポストパンク・リバイバルのなかでニューウェイヴ系のバンドとして注目を集めると、2004年にリリースした1stアルバム『Hot Fuss』がアメリカで300万枚、イギリスで200万枚を売り上げるヒット作に。これまでにリリースした4枚のアルバム全てが世界的なヒットを記録しています。

ブリアル、ライブを一切しないダブステップ界の重鎮


Burial(ブリアル)はサウス・ロンドン出身のダブステップ・プロデューサー。

本名はWilliam Bevan(ウィリアム・ベヴァン)。Burialは「墓」の意味。
ライブを一切せず、インタビューもほとんど受けないことから、その正体は明かされていないことが多いです。

上の写真は2008年に英大衆紙インデペンデント紙が彼の経歴について報道したあとに、ブリアル本人がMySpaceに投稿したもの。そのときに本名と出身地を明かしています。

2007年11月にリリースした2ndアルバム『Untrue(アントゥルー)』が各音楽メディアから絶賛され、イギリスで最も権威ある音楽賞マーキュリー賞にノミネート。アンダーグラウンドの音楽だったダブステップの知名度を上げました。

2014年4月12日土曜日

コーチェラ3日目 出演者まとめ【4/14(月)】

日本時間4月12日(土)~4月14日(月)にカリフォルニア州インディオで開催されるアメリカ最大規模のフェス、コーチェラの3日目のラインナップ、放送時間をまとめてみました。

CoachellaはYouTubeチャンネルcoachellaで無料中継されます。

コーチェラ2日目 出演者まとめ【4/13(日)】

日本時間4月12日(土)~4月14日(月)にカリフォルニア州インディオで開催されるアメリカ最大規模のフェス、コーチェラの2日目のラインナップ、放送時間をまとめてみました。

CoachellaはYouTubeチャンネルcoachellaで無料中継されます。

コーチェラ1日目 出演者まとめ【4/12(土)】

日本時間4月12日(土)~4月14日(月)にカリフォルニア州インディオで開催されるアメリカ最大規模のフェス、コーチェラの1日目のラインナップ、放送時間をまとめてみました。

CoachellaはYouTubeチャンネルcoachellaで無料中継されます。

北米最大級のフェス、コーチェラ全6ステージ&謎のアート

日本時間4月12日(土)~4月14日(月)にカリフォルニア州インディオで開催されるフェス、Coachella(コーチェラ)Weekend 1。Lollapalooza(ロラパルーザ)、Bonnaroo(ボナルー)、Sasquatch!(サスクアッチ)と並んぶアメリカ最大規模のフェスで、2週間開催されます。

CoachellaはYouTubeチャンネルcoachellaで無料中継されます。

2014年4月11日金曜日

ネオン・トゥリーズ、新作『Pop Psychology』でゲイを告白


Neon Trees(ネオン・トゥリーズ)は米ユタ州出身の4人組ダンスパンク、ニューウェイヴ系インディロックバンド。

2008年にザ・キラーズ(The Killers)の北米ツアーのオープニングアクトを務めると、2010年3月に1stアルバム[『Habits』をリリース。収録曲「Animals」が全米チャート最高位13位を記録、一躍有名になりました。

2014年4月22日に2年ぶりの3rdアルバム『Pop Psychology』をリリースします。

UFC Fight Night 39 - Nogueira vs. Nelson

4月12日(土)日本時間午前3時00分、UFC Fight Night 39がアブダビで開催されます。
メイン・イベントはアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ対ロイ・ネルソン。

2014年4月6日日曜日

新作アルバム【2014年4月】

4.1 Kaiser Chiefs - Education, Education & War
4.1 Cloud Nothings - Here and Nowhere Else
4.1 Jamaica - Ventura
4.1 Manchester Orchestra - Cope
4.22 Neon Trees - Pop Psychology
4.22 The Pains of Being Pure at Heart - Days of Abandon 【延期】
4.29 Damon Albarn - Everyday Robots

2014年4月4日金曜日

トーキョー・ポリス・クラブ、22歳の彼らがつくった2作目『Champ』

Tokyo Police Clubはボーカル&ベースのデヴィッド・モンクス、キーボードのグラハム・ライト、ギターのジョシュ・フック、ドラムのグレッグ・オルソップからなるカナダの4人組インディロックバンド。

2010年6月に当時平均年齢22歳だった彼らは2ndアルバム『Champ』をリリースしました。
1作目と比べると、ディレイ・エフェクターを使って音に空間的な広がりを持たせているのと、シンセサイザーを使ってポップに仕上げながらもギターベースの疾走感のあるサウンドになっています。

2014年4月3日木曜日

トーキョー・ポリス・クラブ、2000年代を振り返るカバーアルバム

Tokyo Police Clubが2011年10月にリリースしたカバーアルバム『Ten Songs, Ten Years, Ten Days』
2001年からの10年間を各年1曲ずつカバーしています。
『Elephant Shell』、『Champ』と2作のアルバムをつくりましたが、このあと2014年にアルバムをリリースするまで4年間のブランクがありました。『Champ』をリリース後のツアーを終えたバンドは、このカバーアルバムで自分たちのあり方を探っていたのかもしれません。

2001 Southside (Moby)
2002 Sweetness (Jimmy Eat World)
2003 Under Control (The Strokes)
2004 Since U Been Gone (Kelly Clarkson)
2005 Little Sister (Queens of the Stone Age)
2006 Long Distance Call (Phoenix)
2007 All My Friends (LCD Soundsystem)
2008 Kim & Jessie (M83)
2009 Strictly Game (Harlem Shakes)
2010 Party in the U.S.A (Miley Cyrus)

トーキョー・ポリス・クラブ、新作『Forcefield』を語る


Tokyo Police Clubはカナダのストロークスとも呼ばれるトロント出身の4人組インディロックバンド。
2014年3月、2ndアルバム『Champ』をリリースしてから4年ぶりの新作『Forcefield』をリリースしました。

ボーカルのデヴィッド・モンクス
「『Forcefield』を作り始めた2011年半ばからいろんな流行があったけど、流行ったと思ったら廃れたり、あるいは形を変えてもっと広がっていったり。そういうのを見てきて、もっと残り続けるものを作りたいと思ったよ。そしたら、ギターベースのシンプルで聴きやすい曲になったんだ。新作をどういう音楽にするかっていろいろ選ぶことはできたけど、流行とかまわりの期待に合わせるんじゃなくて、自分の感覚に頼ったんだ。そうやってできたのが『Forcefield』だよ。まわりで何が起こってようが気にしない。音楽に対して正直でなきゃいけないし、自然な感情を表現するべきだと思うんだ」

2014年4月2日水曜日

【フェス】Coachellaの4月【2014年4月】

4.1 - 4.2 Lollapalooza Argentina
4.5 - 4.6 Lollapalooza Brazil
4.11 - 4.13 Choachella (Weekend 1)
4.18 - 4.20 Coachella (Weekend 2)
4.23 - 4.27 Moogfest
4.25 - 5.4 New Orleans Jazz Festival

4月は世界最大級のフェスCoachella(コーチェラ)が開催されます。