2014年3月8日土曜日

We Are Scientists(ウィー・アー・サイエンティスツ)

NYを拠点に活動する3人組インディロックバンド。

2000年代のポスト・パンク・リバイバルの流れの中で、80年代のシンセポップ、ニュー・ウェーヴ系のサウンドをもつバンドとしてイギリスで人気が出ました。Franz Ferdinand、The Killersのサウンドと比較されることがあるそうです。ダンサブルなインディロックでアップテンポな曲が多いです。

拠点はNYですが、自国のアメリカよりもイギリスでの人気が高いです。ライブも半分以上イギリスでやっています。

2008年と2010年にイギリスのグラストンベリー・フェスティバル、レディング・フェスティバルといった有名フェスに呼ばれています。
2014年は6月にスコットランド最大のフェス、T in the Parkへの出演が決まっています。
ボーカルのキース・マーレーは現在36歳ですが、白髪交じりの髪で老けてみえます。



【略歴】
1977年5月、キース・マーレー(ボーカル、ギター)誕生。

1997年、キース・マーレー、カリフォルニアの大学の友達クリス・ケイン(ベース)と音楽活動を始める。

1999年、マイケル・タッパー(ドラム)が加入。

2000年、We Are Scientistsとして本格的に音楽活動を始める。

2001年、活動の拠点をニューヨークに移す。

2002年4月、1stアルバム『Safety, Fun, and Learning (In That Order)』をリリース。自主制作。

2006年1月、2ndアルバム『With Love and Squalor』をリリース。Virginレコードからのメジャーデビューアルバム。UKチャート最高位43位。

2007年11月、ドラムのマイケル・タッパー脱退。

2008年3月、3rdアルバム『Brain Thrust Mastery』をリリース。UKチャート最高位11位。

2009年8月、元Razorlight(レイザーライト)のドラムのアンディ・バロウズが加入。

2009年11月、Virginレコードとの契約終了。

2010年6月、4thアルバム『Barbara』をリリース。UKチャート最高位46位。自主レーベルMasterswan Recordingsでのリリース。

2014年3月、5thアルバム『TV en Français』をリリース。イギリスのインディ・レーベル100% Recordsからのリリース。
【代表曲】
Nobody Move, Nobody Get Hurt (2ndアルバム『With Love and Squalor』)

The Great Escape (2ndアルバム『With Love and Squalor』)

It's a Hit (2ndアルバム『With Love and Squalor』)

After Hours (3rdアルバム『Brain Thrust Mastery』)

Rules Don't Stop (4thアルバム『Barbara』)

I Don’t Bite (4thアルバム『Barbara』)

0 件のコメント:

コメントを投稿